個人のお客様

クリーニング事故賠償規約

安心してご利用いただくために
当店では万一の事故に備えてクリーニング事故賠償規約を設けています。

クリーニング事故の3大要因

CASE1 クリーニングの処理方法に過失がある場合
  • A.洗いによる損傷
  • B.仕上げによる損傷
  • C.紛失
  • D.その他の原因
CASE2 商品の製造及び販売元に過失がある場合
  • A.染色堅牢度の弱さ、移染、変褪色、その他
  • B.生地素材の使い方、硬化、剥離、ひび割れ、ゴム伸び、プリント脱落、収縮、それに類するもの
  • C.付属品ボタン、ファスナー、スパンコール、ビーズ等の欠落破損、ベルト破損、それに類するもの
  • D.縫製撚糸のあまさによるホツレ・ほころび、プリーツ・シワ加工消失、それに類するもの
CASE3 お客様の着用時や保管時に過失がある場合
  • A.汗や日光、蛍光灯による変褪色や脱色
  • B.化学薬品(パーマ液・整髪料・バッテリー液・台所風呂洗濯洗剤)などによる変褪色や脱色
  • C.気づかないままの破れ、糸引き、食べこぼし、虫食い跡
  • D.ボタン、ファスナーの欠落
  • E.クリーニング引き取り後、お客様保管中の事故
  • F.その他これらに類するお客さまによる事故

クリーニング事故賠償規約の適用は上記「CASE1」に限ります。

※万が一、当社の仕上げ等にご不満がある場合はレシートもしくはクリーニングタグがある状態でお渡し後、2週間以内にお持ち下さい。ただし商品の状況によって、ご要望に答えられない場合もございます。

⇒事故賠償規約はこちらをご覧下さい。(PDF)

 

リネンサプライサービス
法人のお客様向けに
リネンサプライサービスを
提供しています
飲食店や美容院をオープン又はリニューアルされる方に
病院・福祉施設等に関するサービスをお探しの方は
お客様の声
お客様からいただく様々なお声から、ほんの一部をご紹介します。